チーナ10周年のご挨拶とゲストアーティスト紹介(リーダー)

【関取と茶飯事と僕】


はじめしての方も、そうじゃない方もこんにちは。リーダーです。

チーナ結成10年という事でブログを書いているのですが、つらつら書いてもなんなので2時間映画のトレーラーくらいにザックリ。

細かい話は酒の席でしましょう。

チーナと出会ったのは10年前、僕がレコーディングスタジオで働いていて訪れたのが椎名杏子。

当時はまだ椎名杏子withBくらいの活動でライブハウスのシートのバンド名の欄になんて書いていいかわからないからとりあえずチームシーナを訳してチーナと書いたくらいの時期でした。

録音も初めてで右も左もわからない感じだったけど、僕はクラシック上がりの歌謡曲バンドおもろいなって思って、ディレクション(歌や楽器ののテイクを決めたり)をして現場を偉そうに仕切りはじめたら椎名が

『なんかリーダーみたいですね。リーダーってよんでいいですか?』

といわれそこから僕のあだ名がリーダーになりました。

はじめの1年ちょいはサポートでリーダーです。

ってややこしい状態でやっていて、

めんどくさいからメンバーになって、

気付いたら10年たってました。

右往左往凹凸しましたがあっちゅーまの10年でした。


さてさて、僕をまれにイケメンと言ってくださる方がいますが、そんなことはなくイケメンに憧れて努力をしている身だ。

ABC評価で多く見積もってBの上であろう。

そんな僕はイケメンが大好きです。

原田茶飯事という人に出会ったその日、なんてイケメンだ、好き。って10分ほどでなりました。その後対バンも何度かし、プラペートでも飲みにいったり、家にお邪魔したりと回数を重ね感じることは人間性もいいということだ。

つまり彼はAAという事になる。

男女共に世の中には一握りのAAがいる。

それが、

原田茶飯事だ。

そのうえに曲と詩もいい。

つまり、

トリプルエーだ。

写真は初めて会った日

右:原田茶飯事 左:僕の愛人であり10周年祭vol.1にも出てくれた福永知史


そんな彼と仲良くさせていただき、先日の台湾ではワンマンで参加させていただく等、僕は表現できない程の喜びを感じている。


チーナにとってはもちろん僕の10年の中にとっても重要な人物

それが、

原田茶飯事だ。


そして関取花との出会いは7.8年前?面識のないときに花ちゃんがチーナの事を好いていてくれてレコ発ファイナルに誘ってくれた。

僕はそういう時にYouTubeで予習などはせず当日ライブを見る事にしている。

なのでどんな女の子か知らなかったけどライブを見て一発でノックアウト。飾らない詩、透き通った歌声、そんな方に好いていただき、予習もせずになんとお恥ずかしい。。という記憶。

そこからプライベートでも飲んだり、地方で対バンの時は一緒に車でいったりもした。会って数分でいつも『リーダーめっちゃうけるw話し方チャラ!』と、こんな僕を笑ってくれ、しょーもない話しばかりしていたきがする。。

そんな花ちゃんのキャラや話が今はメディアで取り上げられてよく顔を見る。普段のままオモロイ話ししててすげーってまじでおもう。まじリスペクト。

話しは変わりますが僕は「男女の友情なんてあるわけない協会」会長を務めさせて頂いてるのだが花ちゃんは特例が出るほど仲良くさせていただいている。

女として見ていないのではなく垣根をついに越えたのだ。

それは関取花の人間力が素晴らしいからだとおもう。

そして敵を作る言い方だけど花ちゃんはパッとみ素朴な女の子の空気感出してくるけどちゃんと見るとめっちゃ可愛い。鼻スッと目パチリ。

つまり、トリプルエー

それが、

関取花だ。


関取花もまたチーナにとって、僕にとって重要な人物なのだ。


そんな2人を迎えて10周年祭を開催できることが心から嬉しい。


ありがとう。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック



link
チーナ official web site

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback